審美歯科の情報発信源

高齢者人口の増加に伴い、認知症高齢者はますます増加傾向にあります。
しかし、一般家庭では高齢者に対する介護負担も増大していくため、高齢者の入居施設に対する社会からのニーズはますます高くなり、至るところで高齢者施設が開設されています。


在宅生活が困難になってきた高齢者を抱える家族は、一般的に特別養護老人ホームへの入所を検討することが多いようです。

初めてでもわかりやすい、の情報が満載です。

終身で入所できる特別養護老人ホームは費用面もリーズナブルでもあるのですが、各自治体の計画で入所人数を設定しているため、現状施設の数が少なく、入所待ちの待機者がかなり多いというデメリットがあります。

一方、有料老人ホームは一般の営利法人が設立できることもあり、一定の要件を満たすことで比較的容易に開設できることから、どこの地域も増加傾向にあります。有料老人ホームによっては満室のところもありますが、特別養護老人ホームほど待機者数はいないことから、比較的希望の施設に早期に入居することができます。また、有料老人ホームは地域にたくさん開設されていることから、費用面やサービス面などの競争原理も強く働いており、特に費用面は低下傾向にあります。


一昔前までは、入居時の初期費用に数百万円必要な有料老人ホームが多かったのですが、昨今では価格競争により、数十万円で入居できる施設が増えてきています。有料老人ホームで暮らすためには、当然ながら毎月費用がかかってきます。
居室料に加えて主に食事代や光熱費などです。

また、特別養護老人ホームに入所した場合は、介護保険サービスのうちの施設サービス利用となりますが、有料老人ホームの場合は施設サービスではなく、自宅で暮らすのと同じ在宅サービスの利用となりますので、介護が必要な場合は居宅サービスを利用する必要があります。


そのため、訪問介護サービスやデイサービス、福祉用具レンタルなどを必要なサービスを利用することとなりますので、介護サービス利用費も必要になります。有料老人ホームは特別養護老人ホームより費用は必要になってきますが、その分早期に入居できたり、サービスも充実しているため、メリットも大きいと思われます。